So-net無料ブログ作成
番組情報 ブログトップ

松本人志のワイドナショー 霊能者の洗脳騒動に一言! [番組情報]

松本人志は、日曜朝のワイドショー番組「ワイドナショー」で
霊能者から洗脳されかかった自身の出来事を告白しています。


oricon_2043239_0.jpg


霊能者の洗脳騒動といえば、X JAPANのToshlが12年間霊能者に
洗脳され続け、主催者に15億円以上払ったことが知れ渡ったばかり。



松本人志はワイドナショーで、洗脳の危険性が常に周りにあることを認め、

「自分には目指す人がいないので、迷った時に何処を目指したら
いいのかわからない。」

と、迷いの時の精神状態を話しています。


そして、「喋ったことがスタジオで受けると、自分のギャグが面白い
と思ってしまう。スタッフに洗脳されている。」

松本人志には、スタッフからの洗脳を危惧する気持ちもあるようですね。


「お笑いが時代遅れになることもあるだろうし、なっているかもしれない。
金銭的な不安は何年も前から消えているから。」


松本人志のようにお笑い界のトップにいると、スタッフや自分を取り巻く人達に
持ち上げられ、逆に不安に襲われる時があるのでしょうか。



そんな心の空白の瞬間を狙ったように、ニセ霊能者が近寄ってくるようです。


松本人志は、霊能者らしき人物が近づいてきた体験を語っています。

「”人の死がわかる””霊もはらえる」”と言う人がいた。その人がしょっちゅう
家に訪ねてきて、言うことをちょこちょこ聞いてしまったりする自分がいた。」

「ただ、その人と会食の日にドタキャンされて、”知人が亡くなった”と。」

「それで、お前”人の死がわかる”って言ってたのに。アレッ、こいつ違うわ!
と、目が覚めた。」
 


X JAPANのToshlの場合も、家族の問題や歌手のプレッシャーで悩んでいた時、
セミナー団体の活動に参加したことで長い洗脳生活が始まったようです。


本物とニセ物を見分けないと、とんでもない所に行ってしまうのですね。

一旦霊能者に洗脳されると、そこから抜けだすのが大変なようです。


松本人志がToshlのようになるとは考えにくいですが、ニセ霊能者だと
早く気がついて幸いでした。


家までわざわざ訪ねて来て、あれこれ言うような人物は
一度は疑った方がいいということでしょうか。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

松本人志「ワイドナショー」 エド・はるみ誹謗中傷に一言! [番組情報]

フジテレビ「ワイドナショー」にレギュラー出演しているダウンタウンの松本人志が、
お笑い芸人エド・はるみの誹謗中傷問題に一言発してしています。

oricon_2043239_0.jpg
http://woman.infoseek.co.jp/news/photo/search/

芸能人への誹謗中傷に関しては、松本人志も日頃身に受けていることから
こんなコメントになったようです。


松本人志は「ワイドナショー」の中で、

”僕も書かれる。「芸人なら笑いにしろ」って言われるんですが、
センスのない誹謗中傷をなんで笑いにする義理があんねん。
言論の自由っていっても、ウソをついていいことじゃないからね。
ホンマに信じる人がいるから。”


松本人志の場合は実際どんなことがあったのか分かりませんが、インターネット
上で書き込みされる誹謗中傷に、松本人志は本気で怒っているようですね。



インターネットで書き込まれることは、言ってみればうわさ話の類。


書いている方は面白おかしかったり、ああだのこうだの繰り返しているうちに
事実とはかけ離れてしまうのは、日常で起こるうわさ話と変わりませんね。

書き込んでいる方は自身と関係ないのでそれでいいですが、
言われている当人にとっては大変です。


芸能人は身を公にさらしているので、ちょっとした中傷も仕事へと
跳ね返ってくるのが辛いところですね。



松本人志が「ワイドナショー」でエド・はるみ誹謗中傷問題にコメントしたのも、
似たようなケースに出くわすことが多いからでしょうか。


ちなみにエド・はるみの誹謗中傷問題とは、2009年からインターネット上で
誹謗中傷の書き込みが続き、耐え難い精神的苦痛を味わっているため
法的措置を開始したことを弁護人を通じて発表したというもの。


弁護人は以下のように、エド・はるみの法的措置の開始の理由を伝えています。

”一部週刊誌が、テレビ出演が減った理由として、先輩芸能人や共演者に対し、
あたかも同氏が自身の立場をわきまえず、横柄な態度をとり続けたことが原因で
あるかのように記載したことに端を発し、その後インターネット上で同氏に対する
執拗な誹謗中傷記事が掲載され、またそれに呼応する形で掲示板等においても
同氏を誹謗する内容の投稿がなされ続けています。”

”当職としては、インターネット上に掲載されている同氏に対する一連の誹謗中傷
行為に対し、必要であれば裁判上の手続きをも辞さない方針です。”



エド・はるみにとって、インターネット上で書き込まれることは相当に苦痛な
ことなのでしょうか。


その点松本人志は男性ということもあって、怒りは感じても耐え難い苦痛と
いうところには行かないようです。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

松本人志 視聴率不振なワイドショー「ワイドナショー」! [番組情報]


松本人志がコメンテーターとしてレギュラー出演しているワイドショー「ワイドナショー」は、
“新感覚バラエティ”番組として昨年10月から深夜の新番組として始まった番組です。


「ワイドナショー」は、東野幸治と三田友梨佳アナウンサーがMC、松本人志はレギュラー
コメンテーター、準レギュラーコメンテーター陣やゲストを日毎交えて芸能ニュースや
時事問題などをピックアップし意見を言い合うというもの。

news_xlarge_fuji-shin_01.jpg
http://natalie.mu/owarai/news/100782


深夜番組としてスタートしたワイドショー「ワイドナショー」ですが、フジテレビが4月から
日曜の朝10時~に切り替え、松本人志が朝の顔になることを期待したようです。


ワイドショースタイルの番組「ワイドナショー」は、深夜番組の時は評判もよく
注目度も高かったのですが、朝番組に移ってからは視聴率は右肩下がり。


視聴率不振の原因はいろいろな見方があるようです。


フジテレビでは、視聴率が下がっている原因をこんなふうに分析しているようです。

”「ワイドナショー」はワイドショーなのに生放送でないこと、裏番組に同じようなワイド
ショー的番組「サンデー・ジャポン」があり、中途半端な形になっている。そのため
視聴率が取れないのではないか。”


日曜日の朝の番組で、収録したものでは生放送に勝てないことは開始前から指摘が
あり、局側もある程度の予想はあったもののそれが的中したようですね。


番組の狙いは、芸能ニュースやワイドショーが嫌いな松本人志をコメンテーターに据える
ことで、日頃ゴシップにさらされる芸能人の逆襲の面白さを深夜ではなく休日の朝にし、
さらなる視聴率UPを期待したのでしょうか。



視聴者の声は、番組制作者側とは少し異なっています。


「ワイドナショー」はトークバラエティの番組で、ニュースや時事に疎い芸能人が集まる
番組は深夜向き、朝向きではないと放送時間帯変更のミスを指摘する声が多いよう
ですね。

松本人志はコメンテーター向きじゃない
ゲストによって差がある
日曜の朝って感じじゃない
一般感覚のない人には無理
内容が夜見る人向け
夜中にやっていた時のほうが面白かった
生放送じゃないと今更な話題が多い

などなど。



松本人志の「ワイドナショー」は、視聴率が6~8%台だった3月終了の番組「笑って
いいとも増刊号」より下に低迷。


このまま低い視聴率が続くと、松本人志の「ワイドナショー」は深夜に戻すとか
尻すぼみで終了してしまうのでしょうか。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

松本人志の新番組 関西ローカル「松本家の休日」初回は! [番組情報]


10月9日から始まる松本人志の新番組、関西ローカル「松本家の休日」での
初回の1万円の使い道は、松本人志の提案で決まったようです。


関西ローカル番組「松本家の休日」は、松本家の家族4人が昭和の家族風衣装を
着けて街に出、1万円を使って遊ぶというバラエティー番組。


松本家の家族は、松本人志が”おかん”、雨上がり決死隊の宮迫博之が”おとん”、
たむらけんじが”長男、構成作家のさだが”長女”という構成。

273463_615.jpg
http://news.walkerplus.com/article/50582/


初回では松本人志が、「シュウマイがおいしい店があると聞いた。一度食べてみたい」
というリクエストで、4人は大阪・日本橋の店「一芳亭」に。


松本人志ら4人は、大阪城公園から大阪水上バスに乗船。

松本一家に気づいた大阪のおばちゃんが、”まっちゃ~ん”と叫びながら
乗っていた船を追いかけるシーンもあったとか。

owa14092111150002-p1.jpg
http://www.sanspo.com/geino/photos/20140921/owa14092111150002-p1.html


難波に移動し、4人は日本橋の街をブラブラしながら目当ての店「一芳亭」に向かいます。


松本一家は、日本橋の電気街で大阪ならではの懐かしいゲーム機がある店や、
珍しいインスタントラーメン専門店などに立ち寄り、地元の人達とも交流。


この日の松本人志は、ヒョウ柄のブラウスにスカートという大阪の
オバチャンファッション。


意外にも松本人志は、半端ではない人見知りの面があると告白しています。


今回のロケで、松本人志のそういう面をカバーしたのがたむらけんじ。

松本人志に気づかない大阪の道行く人達に、たむらけんじは
「松本さんやで!」と大声でアピール。

そのせいで松本人志は、ロケ中行く先々で出会った人と積極的に話すことになり、
大阪人特有のノリとパワーに改めて驚かされたようです。



松本人志の相方・浜田雅功も、関西ローカルMBSテレビの旅ロケバラエティー番組
「ごぶごぶ」にレギュラー出演中。

松本人志は「ごぶごぶ」について、ツイッターで”「ごぶごぶ」を僕は見たことがない!
何やねんそれ? ”と浜田雅功へのライバル意識を特有の表現でしています。



今度浜田雅功と同じ関西ローカル街ブラ番組にレギュラー出演する松本人志は、
ロケ中浜ちゃんに出会うことも考えているのでしょうか。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

松本人志の新番組! 約21年ぶりに大阪でレギュラー! [番組情報]


お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志が、10月9日から大坂の関西ローカル
ABCテレビでレギュラー番組を持ちます。


松本人志レギュラーの新番組名は、「松本家の休日」
(毎週木曜 深夜1:39~2:14)。

hqdefault.jpg
http://natalie.mu/owarai/news/100782

「松本家の休日」は、松本人志が松本家の”おかん”になり、休日に1万円を使って
松本家の家族がどんなふうに遊ぶかをロケで追うという”バラエティー番組”。


大阪の街は街全体が賑やか。

関西ローカルの辻史彦プロデューサーによると、「大阪は街全体がテーマパークと
言ってもいい。松本さんがどんな顔でリアクションをするか楽しみで仕方がない。」
という制作サイドからの思い入れのあるコメント。


松本人志にとって、10月9日スタートの新番組「松本家の休日」は約21年ぶりの
大阪でのレギュラー番組となるそうです。


松本人志が関西ローカルに出演していたのは、「摩訶不思議ダウンタウンの…!?」
(1992年3月~93年9月)という番組。

21年前はダウンタウンとしての出演だったので、松本人志個人では
初のソロ関西レギュラー番組になるようです。



新番組「松本家の休日」の松本家の家族の顔ぶれは、松本人志が”おかん”、
宮迫博之が”おとん”、たむらけんじが”長男、構成作家のさだが”長女”
というメンバー。

4人は昭和を思わせるおかんやおとん・小中学生のいでたちで、
毎週松本家の居間で家族会議を開きます。

家族会議によって”1万円で何をするか”の使い方が決まったところで、
4人は大阪など関西の街に出てブラ歩き。



松本人志は早くから売れっ子になったこともあって、普通の人の体験が
少ないそうです。

関西ローカルの新番組「松本家の休日」で、松本人志がどんな体験をし
思わぬところで意外なリアクションを見せてくれるのか。


番組ディレクターの松本人志への期待は、こんなところにあるようですね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い
番組情報 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。