So-net無料ブログ作成
検索選択

松本人志の父・譲一さんの死  確執の真相! [家族]

松本人志は、日曜朝のトークバラエティ番組「ワイドナショー」で
父親の譲一さんが亡くなったことを公表しています。

松本人志の父親の譲一さんが、享年81歳で亡くなったのは8月18日。

父の密葬を終えた松本人志は、8月31日放送の「ワイドナショー」で
父の死を告白。

20140901085642433s.jpg
http://takastone.blog.fc2.com/blog-entry-311.html


松本人志と父親の譲一さんの間には、確執があったようです。

松本人志自身がそう語っているので、”そ~か”と思ってしまいがちですが
実は少し違うようですね。


松本人志は、父親の譲一さんとの思い出をこう語っています。

幼少の頃「捨てられそうになった」という経験。

「暑い日に父親が”涼みに行くぞ”言うて、カブに乗せられて。夜なのに
遠くまで行って、カブから降ろされたらそのまま親父が離れて行こう、
離れて行こうとして。”ああ、これたぶん、捨てられるんやなぁ”と思って、
親父から必死で離れないようにして・・。」


その後の父親との関係も、

「折り合いがよくなかった。オレのことを1度も褒めてくれなかった。」

「九九を覚えていないという理由だけで、“お前みたいな奴は、何やったって
アカン!” しかも、そこまで言うかというぐらい無茶苦茶言われたのよ。」


ただ、これは松本人志から見た話です。


母の秋子さんはこう語っています。

「それは人志の誤解ですよ。お父さんは、人志のことをずっと思っていました。
ただ、父親は男の子に細かいことまで言いません。人志も子供でしたから、
お父さんをそんなふうに思ってしまったのかもしれません」



松本人志が芸人になるといった時、父の穣一さんは猛反対したそうです。


ブレイクしてからも、”父から一度も褒められなかった”と松本人志は
話しています。


母の秋子さんや兄の隆博さんに言わせると、ちょっと違うようです。

「お父さんにはジェラシーがあったのでしょう。だって、あの子が
自分より面白いから。」

「人志は高校を卒業してすぐ吉本に入りましたので、お父さんと
じっくり話す機会はなかった。けどテレビに出るようになると、
お父さんは人志を褒めていたんですよ。」


兄の隆博さんは、ブログで父の穣一さんをこんな風に紹介しています。

「弟が売れてテレビで出だした時でも”たしたもんやな、たしたもんや”と
目じりにしわ寄せ嬉しがったくせに、弟の前では決して面と向かって
褒めない、そんな父。」


お父さんが素直でないのと、褒めてもらいたかったのに
そうでなかったと恨む息子。


松本人志は父・謙一さんが亡くなった時、

「親父が死んだ。。。 オレは悲しまない。 あの人とはいろいろあったからな。
葬式帰省。あの人と暮らした尼崎を少し歩いた。あの人と子供の頃行った
太陽の塔を見に行った。あの人と食べたチキンライスを食べたらさすがに
いろんな感情が押し寄せて来やがった。。。 親父。さいなら。」


松本人志は、父親の穣一さんと食べたチキンライスの思い出を作詞に

そうして出来上がった、槇原敬之作曲「チキンライス」

浜田雅之と槇原敬之が歌っています。




「チキンライス」の曲は、松本人志の父・謙一さんへの想いが一杯
詰まっているようですね。

何かじ~んとしてしまいます。

松本人志のゆうパックCM バカまじめがコミカル! [CM情報]

松本人志が出演している”ゆうパックCM”、バカまじめがキャッチフレーズ
そのイメージどうりの郵便局配達員を松本人志が演じようとしています。


hqdefault (1).jpg
http://www.youtube.com/watch?v=8VYorfIS9q0


日本郵便が「ゆうパック」新CMに松本人志を起用したのは、真面目さとは
真逆のイメージのお笑い芸人とのギャップを狙ったのでしょうか。


ゆうパックCMに登場する郵便局員は、バカまじめな男。

「バカがつくほど、まじめです。バカまじめ。ゆうパック。」というキャッチフレーズで、
日本郵便は異常なまでの真面目さを強調。


そのイメージキャラクターにお笑いの松本人志を登場させ、雨・風にかかわらず
いつも顧客の荷物を確実に届ける様子をゆうパックCMで描きます。


松本人志演じる郵便配達員は、「冗談が通じない」「シャツをズボンに
インするのが基本の私服スタイル」「バーでは翌日の配達のために
牛乳しか飲まない」という設定。

これはどう考えても、お笑い芸人・松本人志本人とははるかに遠い人物像。

それでも映像の技術を借りてか、ゆうパックCM松本人志の郵便局員は
まじめに見えているから、この起用は成功したといえるでしょうか。


実際テレビCMを見た人の中には、”何回か見てるけど気が付かなかった”、
という人もいるほどです。


松本人志のぼうぼうヒゲは、さすがに真面目さとはほど遠かったようで
CMではCG処理されています。


ゆうパックCM「バカまじめな男・登場篇」では、「冗談が通じない」という設定のもと
にこりとも笑わず、ひたすら荷物を掲げて走り続ける松本人志の姿が映しだされます。


Image (1).jpg
http://www.msn.com/ja-jp/news/techandscience


ただ真面目な顔であってもそこはお笑い芸人、なんとも言えないコミカルさが
顔に滲みでているのは仕方のない事ですね。

そこが、日本郵便の狙いだったとも言えそうです。


ゆうパックCMにはもう一人のイメージキャラクター、女優の木村多江が起用され
真面目な郵便局員に好意を寄せるカフェバーのママを演じていますね。


2041377_201408260392077001409036576a.jpg
http://www.oricon.co.jp/news/2041377/full/


木村多江のたおやかな感じと、松本人志のごつい感じにもギャップがあり、
カップルになりそうにないところが逆に良かったりするのでしょうか。


「ゆうパックCM」シリーズが続くのなら、松本人志は”進化した堅物男”を
登場させて欲しいですね。

松本人志「ワイドナショー」 エド・はるみ誹謗中傷に一言! [番組情報]

フジテレビ「ワイドナショー」にレギュラー出演しているダウンタウンの松本人志が、
お笑い芸人エド・はるみの誹謗中傷問題に一言発してしています。

oricon_2043239_0.jpg
http://woman.infoseek.co.jp/news/photo/search/

芸能人への誹謗中傷に関しては、松本人志も日頃身に受けていることから
こんなコメントになったようです。


松本人志は「ワイドナショー」の中で、

”僕も書かれる。「芸人なら笑いにしろ」って言われるんですが、
センスのない誹謗中傷をなんで笑いにする義理があんねん。
言論の自由っていっても、ウソをついていいことじゃないからね。
ホンマに信じる人がいるから。”


松本人志の場合は実際どんなことがあったのか分かりませんが、インターネット
上で書き込みされる誹謗中傷に、松本人志は本気で怒っているようですね。



インターネットで書き込まれることは、言ってみればうわさ話の類。


書いている方は面白おかしかったり、ああだのこうだの繰り返しているうちに
事実とはかけ離れてしまうのは、日常で起こるうわさ話と変わりませんね。

書き込んでいる方は自身と関係ないのでそれでいいですが、
言われている当人にとっては大変です。


芸能人は身を公にさらしているので、ちょっとした中傷も仕事へと
跳ね返ってくるのが辛いところですね。



松本人志が「ワイドナショー」でエド・はるみ誹謗中傷問題にコメントしたのも、
似たようなケースに出くわすことが多いからでしょうか。


ちなみにエド・はるみの誹謗中傷問題とは、2009年からインターネット上で
誹謗中傷の書き込みが続き、耐え難い精神的苦痛を味わっているため
法的措置を開始したことを弁護人を通じて発表したというもの。


弁護人は以下のように、エド・はるみの法的措置の開始の理由を伝えています。

”一部週刊誌が、テレビ出演が減った理由として、先輩芸能人や共演者に対し、
あたかも同氏が自身の立場をわきまえず、横柄な態度をとり続けたことが原因で
あるかのように記載したことに端を発し、その後インターネット上で同氏に対する
執拗な誹謗中傷記事が掲載され、またそれに呼応する形で掲示板等においても
同氏を誹謗する内容の投稿がなされ続けています。”

”当職としては、インターネット上に掲載されている同氏に対する一連の誹謗中傷
行為に対し、必要であれば裁判上の手続きをも辞さない方針です。”



エド・はるみにとって、インターネット上で書き込まれることは相当に苦痛な
ことなのでしょうか。


その点松本人志は男性ということもあって、怒りは感じても耐え難い苦痛と
いうところには行かないようです。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。